悲観的に考え、楽観的に行動しようでタグ「原発震災」が付けられているもの

重要な情報は非公式に・・・

|
ロシアの火災のニュースは、インターネットで知りましたが、まだ収まる気配がありません。本日ツイッター上で確認した情報によると、ロシア内の各国の外交官が続々と避難をしているようです。
ツイッターのリンク先を読むと避難理由は、火災が核兵器武器弾薬、化学的な細菌兵器の倉庫まで襲った(非公式の情報)ことにあるようです。

音源の記録方法 ーガレージバンドー

|
ガレージバンドを使って音楽を記録する方法は、Macのキーボードで演奏(ミュージックタイピングウィンドウを使用)したり、内蔵マイクを使いアナログ録音方法などありますが、私の場合は、デジタルピアノとMacをUSB-MIDIインターフェースを使用し、記録しています。
今回は、その方法を書いてみました。

ドラマ「原発震災」予告編BGM

|
現在、G-Watcherの未来を予測したドラマ原発震災を放送する予定となっております。
電脳音楽隊として、そのドラマで使用される音楽を作成中です。

団塊ジュニアの周回遅れ '70s/'80s開拓録
の「ウォンバット」さん、は色々と自作の音楽を次々と創造されていて、その創造力には脱帽です。

地震の前兆か イオン濃度上昇

|
先月6日、イタリア中部で発生したM6.3の地震について、イタリアの地震学者が予見した方法は、地下の岩盤から放出されるラドンガスの量で地震を予測するというものでした。
関連:水素文明への転換: イタリアの地震学者、大地震を予知したが被害減らせず


同様の試みは、日本でも行われております。


Mac用ウィジット -- QuakeInfoDash --

|
私のMacOSXのダッシュボードには、いくつかのウィジット(Windowsでは「ガジェット」)があります。利用しているひとつは、地震情報が表示される"QuakeInfoDash"です。

QuakeInfoDash 防災科研の地震情報を表示する Dashboard widget


PCを起動させ、ブラウザ等のアプリが起動する待ち時間など、このガジェットを見たりするのですが、最近の地震の震源の深さが10Km付近で続き、異様さを感じました。
それもあって、「安定ヨウ素剤の予防服用」の記事を書きました。

防災科研の地震情報

地震加速度情報の検索ページで調べてみると、一ヶ月以上10キロ圏での地震が頻発に起こっています。

2009/02/21 07:17:22 岐阜県美濃中西部  M3.6  10km 大阪管区
2009/02/24 11:52:18 新潟県中越地方  M3.4  11km 東京管区
2009/03/04 08:32:35 福井県嶺北  M3.4  11km 東京管区
2009/03/11 08:26:39 北海道南西沖  M3.3  9km 東京管区
2009/03/17 06:43:04 鹿児島県薩摩地方  M3.2  9km 大阪管区
2009/03/17 06:47:05 鹿児島県薩摩地方  M3.0  9km 大阪管区
2009/03/19 19:40:07 薩摩半島西方沖  M4.3  11km 大阪管区
2009/03/22 23:46:00 沖縄本島近海  M4.9  10km 大阪管区
2009/03/24 12:21:00 紀伊水道  M3.6  10km 大阪管区
2009/03/24 15:49:00 紀伊水道  M3.4  10km 大阪管区
2009/03/25 19:46:00 熊本県熊本地方  M3.1  10km 大阪管区


記憶違いでなければ、連山に"水難の相"について触れていた内容が最近あったかと思います。
地震のことを調べていると、その"水難"とは津波の可能性があるのではないか、思える記事と出会いました。

カスケード地震

カスケード沈み込み帯を全長にわたって破裂させた前回の巨大地震は、1700年に発生しており、その規模はマグニチュード9程度だった。津波が太平洋全域に発生し、日本の複数の沿岸地域にも被害をもたらした(日本語版記事)。

[上 記リンク先の過去記事によると、1700年1月26日に起こった地震は、発生からおよそ14時間後に、高さ約4.5メートルの津波を日本にもたらした。津 波は半日間にわたって繰り返し来襲し、「波は河川を逆流し、河口から2キロメートルの地点まで達した」と推定されている。

出典:巨大津波が日本も襲う、M9の米国北西部地震:50年以内に発生?(2008年10月28日)
参考:北米西海岸で西暦1700年に発生した巨大地震の規模を日本の古文書から推定(2003年11月21日)


Flood Mapsでは、14mまでの海面上昇の地図が確認できます。前出のカスケード地震が発生した場合を想定します。下の地図は、5m上昇した場合です。これでは、交通網は完全に麻痺しますね。
(世界のどこで地震が起こっているのか、知りたい場合はこちらは参考になると思います)
5Mの海面上昇

いま、このような状況でできることは、まず備えることです。

しかしながら、地震が起こると言われているのにも関わらず、原発の運転を続けるのは異常なことです。地震で放射能が漏れた時には「想定外でした」と言い逃れするつもりなのでしょうか。
ガラス固化体にしても、縄文時代の人々が残した有害物質を、現代人が処理するようなものです。
責任ある大人が、無責任にも次の世代にゴミを押し付けるのは、これ以上やめるべきです。


さて、地震関連のアニメが今月発表されています。
7月からフジテレビ「ノイタミナ」などで放映される新作テレビアニメ『東京マグニチュード8.0』です。まだ実感が湧かない方は、これを見てから、どう備えるのか考えるのもよいかもしれません(間に合えばの話でしょうが・・・)。

震度8.0の大地震が東京直撃 ボンズのオリジナルがノイタミナ等に登場 -アニメ!アニメ!Anime Anime(2009年03月18日)


地震が起こる前に、危険な原発を止めましょう。
水素文明への転換にご協力を!
応援お願いします → 人気ブログランキングへ

関連:
【生存編】原発震災の対策 - 連山
大艦巨砲主義と原発安全神話 - 連山


参考:
地球の表面に近いあたりが揺れていること: クレアなひととき
地球と宇宙と意識の果て: 海嶺の異変


安定ヨウ素剤の予防服用

|
各地方自治体では、災害対策基本法に基づき地域防災計画が策定されています。
震災、火山、風水害、大規模災害(船舶、鉄道、飛行機及び、NBC災害※等)、そして原子力災害時に、自治体が災害対応します。

※NBC災害は、核兵器(Nuclear)、生物兵器(Biological)、化学兵器(Chemical)の特殊災害と位置づけられています。

THE BIG ISSUE最新号

広告

Powered by Movable Type 4.28-ja

タグ

なかのひと

リンク集

-->