悲観的に考え、楽観的に行動しようでタグ「インフルエンザ」が付けられているもの

抗インフルエンザ薬 発症早期使用の見直しを

|
メルマガ『秋月便り第146号』では、開業医から見た医療事情として、「タミフル耐性ウイルスについて(第11回)」というテーマが取り上げられました。

その中には、9月12日の毎日新聞の記事で、タミフル耐性ウイルスがさいたまの男児(5歳)から検出されたことが書かれておりました。8月21日に発熱し、タミフルを服用。いっ たん熱は下がったものの、26日に再び発熱し肺炎を起こしたものの、快方に向かったとの内容もありました。

新型インフルエンザの報道で、タミフルやリレンザ使用の記事もよく目にするようになりました。それは、メルマガでも触れられたように、日本感染症学会がこれらの抗インフルエンザ薬の早期使用を推奨しているからでしょう。


日本感染症学会は、重症例の報告の中に基礎疾患のない若年者が多く含まれることを重く見て、基礎疾患の有無にかかわらず抗インフルエンザ薬を発症早期から積極的に使用することを推奨しています。

これに対してCDCは、基礎疾患など重症化の危険因子があるものに対しては早期の抗インフルエンザ投与が必要としているものの、もともと健康な者が新型インフルエンザに罹患した場合は軽症であれば抗インフルエンザ薬の投与は必要ないとしており、この点が日本感染症学会の指針とはっきり違うところです。
[ 秋月便り第146号(2009年10月20日) ]


最近のインフルエンザ関連のニュースを見てみると、特にタミフル服用後の容態悪化、突然死が目立ってきております。
タミフル服用後に死亡したケースをいくつか取り上げてみました。

修学旅行で、インフルエンザ感染拡大か

|
一週間前と、通勤時のようすを比べるとマスクをしている人が増えました。20人に1人程度だったでしょうか。神戸市内の高校生から豚由来の新型インフルエンザが確認されてから、危機感を持った人が少しずつ増えてきたのでしょう。
これからさらに感染者が増えるだろう、そう緊張感をもって帰宅している時ことです。

 「○○中学校、明日から修学旅行なんだって」

新型インフルでパンデミックが起きない前提

|
新型インフルの強毒性ウイルスへの変異についての可能性について、いろいろと指摘が出てきています。すでに新型インフルエンザのウイルスがすでに変異したとのニュースも出ていますが、こうした報道が多く流れることによって、一番喜ぶのは、誰なのでしょうか。

免疫力を高める、予防する

|
連休明けの今日、JR横須賀線の車両故障に巻き込まれた方は大変だったようです。
私も電車通勤ですが、2時間半も閉じ込められている状況を想像すると、少し怖くなります。もし、豚インフルエンザの感染者が近くに居たら逃げるのが困難ですから・・・。


THE BIG ISSUE最新号

広告

Powered by Movable Type 4.28-ja

タグ

なかのひと

リンク集

-->